アカリタッチ乳剤,500ml,www.estornorte.pt,\エントリーでP5倍/,殺ダニ剤,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 園芸薬剤・植物活性剤 , 殺虫剤,/blunker1030733.html,2653円 \エントリーでP5倍 殺ダニ剤 500ml アカリタッチ乳剤 格安SALEスタート \エントリーでP5倍 殺ダニ剤 500ml アカリタッチ乳剤 格安SALEスタート 2653円 \エントリーでP5倍/ 殺ダニ剤 アカリタッチ乳剤 500ml 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 園芸薬剤・植物活性剤 殺虫剤 2653円 \エントリーでP5倍/ 殺ダニ剤 アカリタッチ乳剤 500ml 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 園芸薬剤・植物活性剤 殺虫剤 アカリタッチ乳剤,500ml,www.estornorte.pt,\エントリーでP5倍/,殺ダニ剤,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 園芸薬剤・植物活性剤 , 殺虫剤,/blunker1030733.html,2653円

\エントリーでP5倍 殺ダニ剤 500ml アカリタッチ乳剤 定番スタイル 格安SALEスタート

\エントリーでP5倍/ 殺ダニ剤 アカリタッチ乳剤 500ml

2653円

\エントリーでP5倍/ 殺ダニ剤 アカリタッチ乳剤 500ml



各種ハダニ類に高い効果を発揮する野菜・果樹用殺ダニ剤!!

特長
●人や環境にやさしい野菜・果樹用殺ダニ剤
 主成分のプロピレングリコールモノ脂肪酸エステルは食品添加物としても使用され、土壌中や
 生体内などの環境中で、容易に炭酸ガスと水に分解され ますので、安心して使用できます。

●新しいタイプの殺ダニ剤
 本剤の作用機構は、ダニに対する直接的な毒性ではなく接触型の物理的作用で、ダニの気門封鎖
 による窒息死と考えられています。 効果は極めて速効的で、作用性から抵抗性発達懸念は少なく、
 連続散布が可能です。

●各種ハダニ類に高い効果
 「ミカンハダニ、ナミハダニ、カンザワハダニ」の幼虫、若虫、成虫の各ステージに速効的に
 作用します。 ただし、殺卵効果はありません。

●天敵、訪花昆虫に影響が少ない

 チリカブリダニ、ミツバチなどの天敵・有用昆虫に影響の少ない薬剤です。

●収穫前日まで使用できる

 食品添加物ですので農薬残留の問題はありません。

 商品名・種類名  アカリタッチ乳剤
 分類  殺虫剤 (殺ダニ剤)
 有効成分  プロピレングリコールモノ脂肪酸エステル・・・70.0%
 毒性  普通物
 内容量  500ml
※製品のラベルをよくお読みいただいて、適切な方法でご使用ください。

■適用作物名■
野菜類、果樹類、いも類、ホップ

■適用病害虫・雑草■
うどんこ病、ハダニ類

◇上手な使い方◇

▼野菜類のハダニ類を対象とする場合は、2000~3000倍希釈で、その他の場合は
 2000倍希釈で葉裏までていねいに散布してください(効果・薬害)。

▼展着剤は、加用しないでください(効果・薬害)。

▼薬液の調製にあたっては十分撹拌し、薬液調製後直ちに散布し、使い切ってください
(効果・薬害)。

▼散布液が溜まるような状態では、油浸状・茶褐色の薬害(イチゴの果実等)が発生することが
 ありますので、薬液の乾きやすい時に登録範囲内の少ない使用液量で散布してください(薬害)。

▼高温時や日射の強い時間帯または寒暖の差が激しい時期の散布は避けてください(薬害)。

▼本剤はハダニの卵には効果がなく、また残効性が期待できないので、5~7日間隔での
 連続2回散布や、他剤とのローテーション散布をしてください(効果)。

▼初めて使用する場合は、薬害の有無を十分確認してから使用してください。


 より詳しい≪適用害虫・使用方法≫は、メーカー製品サイトをご確認くださいませ。
⇒≪石原バイオサイエンス株式会社≫
⇒≪OATアグリオ株式会社≫

\エントリーでP5倍/ 殺ダニ剤 アカリタッチ乳剤 500ml

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。